TOP > 東村山JC事業案内 > 2009年度事業報告
  2009年度事業報告
 事業報告  第36代理事長 紺野 琢生
2009年度 スローガン

抱け 誇り高き『士の心』
   起こせ 前向きな変化の胎動



   第36代理事長 紺野 琢生
2009年度、東村山青年会議所は、改めて『創始の魂を受け継いで』、四〇周年に向けた『前向きな変化の胎動』を起こす再スタートの年として運動を行ってまいりました。

祖国を愛し、地域を愛し、誇り高き『志』=『士(サムライ)の心』を抱いたメンバーが、前向きな『変化の胎動』を起こし、小さな一歩ではありますが、着実に前ヘ、前へと進むことが出来たと感じております。

地域の発展の根幹をなす、地域経済の発展、すなわち中小企業の活性化のために、社会起業家の育成、青年経済人としての資質向上を目指す『地域経営力委員会』では、スタッフ教育に関する例会、ランチェスター経営椛纒\取締役 竹田陽一先生並びに潟_イコロ代表取締役 松本秀作先生をお迎えしての経営戦略セミナーを開催し、多くの地域の青年経済人の皆様と学び発信する機会となりました。

日本の伝統や歴史をしっかりと学んでいくことから教育を考え直すことを目指して活動してきた『青少年委員会』では、近現代史を学び、先祖を敬う心を育むべく、ジャーナリストの笹幸恵氏の講演や、教育長、教育委員長を交えてのパネルディスカッションを開催しました。また、『第28回わんぱく相撲東村山場所』を開催し、多くの子どもたちに国技を通じて礼儀や文化を学んで頂きました。今年から関東地区大会となった『東村山JCカップ2009』では、市内外の多くのチームの参加の下、白熱した試合が繰り広げられました。

市民と市や市議会とのパイプ役として、『ひと』が輝くまちのあるべき姿を検証してまいりました『まちひとづくり委員会』では、市民自ら愛するまちのために何が出来るかを考え、『マニフェスト』の形で宣言する手法を例会で検討し、紹介しました。また、第3回目となる『どんこい祭』を東村山市商工会青年部との共催で開催し、好天の下、多くの市民の皆様に楽しんで頂くことが出来ました。

国際交流・異文化交流として三二年来の友好JCである台中國際青年商會の創立五〇周年記念式典に際しては、山本会長始めシニアクラブの先輩諸兄とともに多くのメンバーで台湾に訪問し、お祝いをしてまいりました。

また、昨年は、ホームページの拡充や、本誌『八国山』も年3回発行し、広報活動にも力を入れた他、総務、財務面でも、会計方針や会の運営に関し、様々な改善を行いました。

以上、様々な例会・事業、取り組みに協力してくれたスタッフを始めメンバー全員に感謝したいと思います。

結びにあたりまして、東村山青年会議所の運動に多大なるご支援、ご協力を賜っております全ての皆様に心から御礼申し上げますと共に、本年度宮崎理事長率いる東村山青年会議所に更なるご指導、ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

◆◇◆ 2009年度主な事業 ◆◇◆
12月05日 第36回卒業式
11月07日
〜08日
どんこい祭を共催
10月24日 10月度第一例会・卒業生例会開催
09月30日 9月度第二例会・「社会起業家・Jaycee・経営者の真髄を学ぼう」を開催(講師:松本秀作先輩)
09月09日 9月度第一例会・新人例会「私たちの三つの仕事」開催
08月20日 8月度第一例会「学び伝えよう!祖先を敬う心」開催(講師:笹幸恵様)
08月01日〜02日 東村山JCカップ2009を主催
06月20日 6月度第二例会 「経営戦略講演会・ランチェスター戦略を学ぼう」を開催(講師:竹田陽一先生)
06月14日 第38回東京ブロック会員大会「あきる野大会」
05月17日 第28回わんぱく相撲東村山場所を開催(八坂神社)
04月08日 4月度第一例会「OB合同例会」を開催
03月11日 3月度第一例会「スタッフ教育を考える」を開催
02月25日 第43回通常総会開催
02月10日 IT戦略オリエンテーション「パソコンを上手に使い、情報社会を生き抜こう」を開催(講師:安永先輩)
01月17日 新年賀詞交歓会を開催
↑このページのTOPへ
東村山JC事業案内に戻る
TOPに戻る
Copyright(C) Higashimurayama JC All Rights Reserved.