東村山青年会議所

Twitter

例会・事業の御案内

スケジュール

新入会員募集

新着情報

わんぱく相撲東村山場所

理事長所信

東村山青年会議所 第48代理事長 漆原 信介


私は、地域との繋がりを求めて青年会議所に入会しました。右も左も分からない中、先輩の指示を追うだけで大変な日々でしたが、 そんな私をいつも支えてくれる素晴らしい先輩、仲間と出会うことが出来ました。また、まちで声を掛けてくれる人が時間の経過とともに増えていくことが、嬉しくもあり楽しいです。 それと同様に、困ったときに相談できる相手が身近に増えていくことに、東村山で生活をすることに対する安心を感じています。私にとって、青年会議所で得た友情、親交こそが一番の財産です。 2021年は引き続き拡大を成功させて、一人でも多くの青年を巻き込み、この財産を共有出来る青年会議所活動を行い、明るい豊かな社会の実現に向けた運動を行います。
日本青年会議所が目指す明るい豊かな社会とは、地域に住む人々が信頼出来る繋がりを持ち、どのような時代でも笑顔で過ごせる世界を作ることだと思います。
青年会議所設立趣意書には、明るい豊かな社会を実現するために、経済的な苦難に立ち向かう当時の青年たちの覚悟が記載されています。 現代において、我々も新型コロナウィルス感染症という苦難に直面しています。しかし、青年の英知と勇気と情熱を持って、 この苦難を打開していけるような青年会議所運動を展開し、変化を受け入れるだけではなく、我々から打開策を発信していきます。
コロナ禍において、混沌とした世の中になっていますが、我々の青年会議所運動が地域へ貢献をして、東村山市が明るい豊かな未来を築くための活動となることを信じます。

基本方針
◎新しい生活様式に対応する青年会議所を作り出します
2020年は新型コロナウィルス感染症が流行し、3密回避の為に、大勢での集会やイベントは自粛を求められました。 当然、青年会議所活動においても直接顔を合わせて行う会議は自粛を求められました。 このような事態に備え、遠隔においても円滑な青年会議所活動が出来る環境を整える必要があります。 2021年はIT技術を活用したコミュニケーションツールを利用して、遠隔で青年会議所活動に参加出来る方法を模索し、 有事の際にも活動が出来るように、新しい手法を構築して行きます。

◎未来につながる会員拡大を
東村山青年会議所は会員拡大に成功して会員が倍増しました。青年会議所は苦楽を共に、委員会・例会を開催し、とても多くの時間を共有することが出来ます。 大変なことや辛いこともたくさんありますが、共有した時間が長いほどに終わった後には楽しかった記憶や辛かったことが笑い話になり、 必ず過去を楽しみながら笑顔で未来を語り合います。この楽しさを周囲に広めて、更なる拡大を促進して行きます。
私たちが行う地域貢献・社会貢献の幅は、会員数が増加することにより、新しい知識や友情が生まれ成長の機会を得ることで広がります。我々の成長ひいては、地域発展の為にも拡大は必須です。
各事業では、自己成長、東村山市の発展に興味があるオブザーバーを可能な限り多く呼ぶために、 東村山青年会議所の一番の魅力である現役・シニアクラブメンバーの人柄に触れることが出来る交流の機会を最大限に作り続けます。

◎人脈形成をしながらのひとづくり事業
メンバーが学びを得、地域貢献が出来る人材を増やす為にも、青年会議所運動について学ぶ機会を作ることが必要です。 その為に、強力なリーダーシップを持った現役・卒業生にひとづくりを習う事業を行います。現役・卒業生は東村山のLOMに限りません。 著名な青年会議所経験者にも協力を得て、全員が成長し、より多様性のある東村山青年会議所へ発展できる運動展開をします。
ひとづくりを学ぶことと個人の成長は同時に進行できます。その為には、青年会議所における役職を経験することが必要です。 なぜならば、役職の経験から多くの知識を得ます。その知識は仕事、生活を行う上で役立つことが有ります。 役職を経験することでLOMだけではなく、東京ブロック協議会やシニアクラブへも関わることが出来、新たな人脈形成が出来ます。現代人が1日に受け取る情報量は、 平安時代の一生分であり、江戸時代の一年分であると表現をされることがあります。現代を生きる我々は、常に得られた情報に対する取捨選択を求められるとともに、 知らなくてはいけない情報を得ている人と時間を共有しなくては様々な機会を失います。 青年会議所にはいろいろな職業に就いている人、いろいろな地位についている人が在籍し、とても知識の多様性が有る団体であると思います。 青年会議所運動を通じて人脈形成をしながら成長する為に、青年会議所経験者、市民の皆様、関係諸団体を含む多くの人に会える機会を作り、地域経済を発展させる連携構築に繋げていきます。

◎青少年健全育成事業で子供へ伝えよう
現代の子供たちは様々な形でWebに触れることが出来るとともに、種々のツールを利用して様々な表現方法を持っています。 スポーツ、ゲーム、芸術などを表現して伝える能力は、一昔前では考えられない大変素晴らしい能力です。 また、国籍や性別を超えてコミュニケーションを図ることが出来るため、成長の過程で多くの友人を作ることや、学べる機会をたくさん持っています。 その反面、規律や不条理に対面する機会は減少し、我慢することや不運を乗り越えることを学ぶ機会は減少しています。
青少年健全育成事業は東村山の小学生へ負けた悔しさや勝つ喜びを感じる徳性の涵養の場を提供する為に、継続事業であるわんぱく相撲東村山場所を開催します。 わんぱく力士には準備や開催を含め、大人の協力に対する感謝の気持ちを通じて、礼節の大切さを私たちから子供たちへ伝えます。 また取組を通じて周囲の人からの応援で前向きな気持ちになることを経験する機会を提供します。 そのよう経験を得ることは、未来への挑戦を何度でも出来る強さを育み、明るい豊かな社会を築く人間性の礎に繋げます。
コロナ禍において、継続事業ではありますが開催に関して、工夫する必要があります。 小さい子供やお年寄りがそばにいるわんぱく力士やその関係者もいると思う為、それぞれの環境に応じて柔軟に対応できる参加方法を模索して確立を目指します。 LOMメンバー一丸となり英知を振り絞りわんぱく相撲東村山場所を開催します。

◎むすびに
私は東村山という地域と、青年会議所で出会えたすべての人が大好きです。 大好きな東村山を、もっと素敵なまちに出来る事業を大好きなメンバーとたくさん開催します。
私が入会した時に先輩から、「青年会議所は他人のお金と時間を使わせてもらうことが出来る集まりである」という言葉を教わりました。 青年会議所で、みんなが時間を共有して作り上げた事業は、どれもかけがえのない貴重な記憶として残ります。 また、困難に対面したり、失敗をしても必ず一緒にゴールへ進んでくれる仲間を得られることは、日常生活においても大きな自信と誇りを与えてくれます。 私は、そのような自信と誇りが明るい豊かな社会を実現する原動力になってくれると強く信じています。
最後になりますが、市民の皆様、関係諸団体、先輩諸兄におかれましては、常日頃よりご指導賜り感謝の気持ちを述べるとともに、我々の成長に繋がる貴重なご意見をたくさん頂けると幸いです。
出会いを大切にしながら、多くの成長を得る機会をメンバーへ提供し、1年間楽しく青年会議所運動を展開することで、 青年会議所が希求する「恒久的且つ永続的な世界平和」の実現に結びつける為に、率先して行動して行きます。

事業計画
◎「第55回通常総会」「臨時総会」の開催
◎会員の成長に繋がる人材を求めた拡大事業の開催
◎地域関係諸団体・会員・シニアクラブ・家族の交流
◎人脈形成から学ぶ機会を得るひとづくり事業の開催
◎「第39回わんぱく相撲東村山場所」の開催
◎「第32回わんぱく相撲東京都大会」の協力
Topへ
HOME
青年会議所とは


●基本資料
 ・理事長所信
 ・組織図
 ・理事紹介
 ・メンバー紹介
 ・出向者一覧
 ・賛助会員
 ・過去の事業報告
●事業案内
 ・例会開催のご案内
 ・今年度事業報告
 ・昨年度事業報告
●他
 ・新入会員募集
 ・お問合せ
 ・リンク
      東村山青年会議所 事務局
〒189-0013 東京都東村山市栄町2-15-11 礒田ビル3F
TEL:042-391-7490 FAX:042-391-7494

Copyright (C) 2012- Copyright(C) Higashimurayama JC All Rights Reserved.
Created by システム葵
シプロン50